事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
どうやら、明け方の雷で停電があったらしく、PT3-NASサーバーが再起動していた。
BIOSで停電復帰時にはPCが起動する設定にしているので、その後の予約も特に問題なく録画されていたのだが、ブラウザからアクセスすると、
プログラムテーブルが存在しないようです。インストールをやり直してください

construct:データベースに接続できない
といったことをのたまう。

以前もあって(そのときも確か停電)ソースを追ってごにょごにょいじって割と簡単に直った気がしていたけど、そのときどうしたか完全に忘れていたのと、またソース追うのめんどくさいのでぐぐったら割とビンゴなHPが有ったので、その通りやったらうまくいった。

いつもながらブックマーク的に個人用メモ。

[root@NAS ~]# service mysqld restart
Stopping mysqld: [ OK ]
Another MySQL daemon already running with the same unix socket.
Starting mysqld: [FAILED]
[root@NAS ~]# rm -f /var/lib/mysql/mysql.sock
[root@NAS ~]# service mysqld restart
Stopping mysqld: [ OK ]
Starting mysqld: [ OK ]
[root@NAS ~]#


これで、ブラウザからつながった。
予約が問題なく実行されていたのはatに入っていたからで、mysqlデーモンとは関係ないからでしょうね。
実際EPGrecのログのほうには予約が実行されたログがまったく残っていなかった。

<<参考>>
EPGrec運用における障害発生の記録と解決策 - 楪総研第三分室
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。