事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
今更epgrec UNAです。適当な何かの別館さんのepgrecの派生版です。
思いのほかちょこちょこハマッタので自分用メモです。基本的にハマッタところだけ。

環境はEPGrecの時とほぼ同じです。 →PT3 導入 CentOS6.3_64bit epgrec(前半)
ST3000DM001(3TB)を追加したので、そこにOSを入れてシステムを刷新です。
前回との違いは、HDDと、OSがCentOS6.5の32bitになった位です。(32bitに深い意味はないです)

3TBのGPTでAFTなHDDでもCentOS6.5 LiveCDのGUIのインストーラーで普通に問題なくインストールOK
4kセクタも問題なし。
apache、php、mysqlは以前とほぼ同じ。(最後に若干記述あり)

スマートカード関連等々は省略。(うまく動かなかったが、くぁwせdrftgyふじこl (ry)

PT3ドライバは以前と全く同じ

epgdumpはepgrec UNA用のをmake , make install

recpt1は以前入れたhttp版を基本的に使用
最新+epgrec UNA用のhttpパッチを使わないのは、うまく動かなかったから。(gethostbyname failedとかなんとか)
プラス、epgrec UNAのreadmeで
『視聴終了は、プレイヤーを終了するだけでなく録画コマンド終了とチューナー管理のために番組表右上にある「視聴終了」をクリックしてください。
httpサーバー対応録画コマンドを使用している場合、プレイヤーからチャンネル変更をすることが出来ますが放送波変更をともなうチャンネル変更は、チューナー資源管理に支障がでますのでやらないで下さい。』
という事だったので、今の環境より使い勝手が悪くなるのであえて今までのものを使う事にしました。

recpt1は最新のではhttp版のパッチが当たらないので、古いのを使います。
iakdevelの日記さんから
http版パッチ			recpt1.c.patch
を取得

それと、適当な何かの別館さんから
recpt1 BSチャンネル指定追加パッチ			recpt1_bs_ch.diff
recpt1 EPG用TS出力モード追加パッチ recpt1_epg_slim.patch
epgrec UNA (人柱版 2013/06/09)を解凍すると出てくる recpt1ctl.diff
を取得

/usr/local/src/pt1-b14397800eae/recpt1/pt1_dev.h のpt1をpt3にgedit等で書き換え。
(viで開くと文字コードが変わってコメントが文字化ける→geditで文字化け対策
~略~

char *bsdev[NUM_BSDEV] = {
"/dev/pt3video1",
"/dev/pt3video0",
"/dev/pt3video5",
"/dev/pt3video4",
"/dev/pt3video9",
"/dev/pt3video8",
"/dev/pt3video13",
"/dev/pt3video12"
};
char *isdb_t_dev[NUM_ISDB_T_DEV] = {
"/dev/pt3video2",
"/dev/pt3video3",
"/dev/pt3video6",
"/dev/pt3video7",
"/dev/pt3video10",
"/dev/pt3video11",
"/dev/pt3video14",
"/dev/pt3video15"
};
~略~


[root@NAS src]# cd /usr/local/src
[root@NAS src]# unzip '/usr/local/src/b14397800eae.zip'
[root@NAS src]# tar zxvf '/usr/local/src/recpt1_bs_ch.tar.gz'
recpt1_bs_ch.diff
[root@NAS src]# tar zxvf '/usr/local/src/recpt1_epg_slim.tar.gz'
recpt1_epg_slim/
recpt1_epg_slim/readme.txt
recpt1_epg_slim/recpt1_epg_slim.patch
[root@NAS src]# cd '/usr/local/src/pt1-b14397800eae/recpt1'
[root@NAS recpt1]# patch < '/usr/local/src/recpt1ctl.diff'
patching file recpt1ctl.c
[root@NAS recpt1]# patch < '/usr/local/src/recpt1_bs_ch.diff'
patching file recpt1.c
[root@NAS recpt1]# patch < '/usr/local/src/recpt1_epg_slim/recpt1_epg_slim.patch'
patching file tssplitter_lite.c
Hunk #1 succeeded at 536 with fuzz 1 (offset 3 lines).
[root@NAS recpt1]# patch < '/usr/local/src/recpt1.c.patch'
patching file recpt1.c
Hunk #1 succeeded at 85 (offset 7 lines).
Hunk #2 succeeded at 583 (offset 54 lines).
Hunk #3 succeeded at 606 (offset 54 lines).
Hunk #4 succeeded at 991 (offset 54 lines).
Hunk #5 succeeded at 1002 (offset 54 lines).
Hunk #6 succeeded at 1035 (offset 54 lines).
Hunk #7 succeeded at 1099 (offset 54 lines).
[root@NAS recpt1]# ./autogen.sh
Generating configure script and Makefiles for recpt1.
Running aclocal ...
Running autoheader ...
Running autoconf ...
[root@NAS recpt1]# ./configure --enable-b25
checking for gcc... gcc
checking for C compiler default output file name... a.out
checking whether the C compiler works... yes
checking whether we are cross compiling... no
checking for suffix of executables...
checking for suffix of object files... o
checking whether we are using the GNU C compiler... yes
checking whether gcc accepts -g... yes
checking for gcc option to accept ISO C89... none needed
checking for create_arib_std_b25 in -larib25... yes
checking for log10 in -lm... yes
checking for pthread_kill in -lpthread... yes
configure: creating ./config.status
config.status: creating Makefile
config.status: creating config.h
[root@NAS recpt1]# make
~略~
[root@NAS recpt1]# make install
install -m 755 recpt1 recpt1ctl checksignal /usr/local/bin


epgrec UNAを/var/www/に解凍 # tar zxvf なんたら~~.tar.gz
/var/www/epgrec/config.php
の地デジチャンネルマップを修正
又、以下も修正
define( "TUNER_UNIT1", 2 );							// 第一チューナーの各放送波の論理チューナ数(地上波・衛星波で共用 ex.PT1が1枚なら2)
define( "TUNER_UNIT2", 0 ); // 上記以外の論理チューナ数(未使用)

// PT1キャラデバ版ドライバー使用時に変更すること
define( "USE_RECPT1", TRUE ); // recpt1使用時はTRUEにすること
define( "RECPT1_EPG_PATCH", TRUE ); // recpt1 EPG単独出力パッチ使用時はTRUE

パーミッション設定
# cd /var/www/epgrec
# chmod -R 777 cache templates_c video thumbs settings
# chmod -R 755 Smarty cron.d imgs install js start templates
# chmod 755 do-record.sh* getepg.php recomplete.php gen-thumbnail.sh

www-data をグループ、ユーザー登録
# /usr/sbin/groupadd www-data
# /usr/sbin/useradd -d /home/www-data -m -g www-data -r -s /bin/bash www-data
とかなんとか。

また同時に、apacehの設定も一部変更
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf
User www-data
Group www-data


あとは、以前のepgrecと同様にブラウザから設定。
cronは www-dataで登録
# vi /etc/cron.d/getepg
SHELL=/bin/bash
PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

46 * * * * www-data /var/www/epgrec/shepherd.php
とかとか

CentOSはアパッチユーザーがapacheなのだけど、epgrec UNAはコードの中でアパッチユーザーをwww-dataとして書き込んでいる(config.php)ので、そこを変えるかwww-dataユーザーで動かさないとshepherd.phpがこける
また、最初ユーザー登録の際にログインシェルをnologinにしてatが動かなかったり、相当ハマッタ。
以前のEPGrecの時はまったく躓かなかった部分だけに;;
httpd(アパッチ)をapacheとするのはredhat系だけなのか?どうも世間的にはwww-dataらしい。知らなかった。

それから、OSが32bitだからなのかphpがfilesize関数でエラーを吐くらしい→PHP: filesize
recomplete.phpの86~87行目
if( (int)trim(exec("stat -c %s '".$ts_path."'")) )
// if( filesize( $ts_path ) )
入れ替えること というコメントを安直に信じてfilesizeのほうをコメントアウト
どうやら適当な何かの別館さんの2012-05-30あたりで、出ていたらしい。それでコメントついてたのか。
ついでに、do-record.sh${OUTPUT}"$OUTPUT"にしておいた。

phpのタイムゾーンは忘れずに。

手順を省略したところは以前と同じでいける(たぶん。)

途中、yum install php-process をしたけど多分これは関係ない→参照『php5.3にアップデートしたらepgrecで録画できなくなった件
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。