事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
HTPC(HomeTheaterPersonalComputer)予定のPCはバックパネルにS/PDIF(デジタル)出力がないものの、内部にピンヘッダがあるので、ここから同軸出力(Coaxial)を作ることにしました。

オンボードのサウンドチップがRealtek(ALC888)なので、
RealtekのHPで検索すると、Data Sheetがみれる。
それによると、こんな回路図が載っていた。無断転載シマスタ。
spdif_circuit.png
今回作るのは出力だけなので、上の回路
必要な部品は
・コンデンサ0.01uF
・コンデンサ100pF
・抵抗100Ω
・抵抗220Ω
何のことはないアナログ回路なんかの出力段の最後につけるカプコン(カップリングコンデンサ@ゲーム会社じゃないよ)と、パスコン(バイパスコンデンサ、デカップリングコンデンサ)が付いているだけなので、基本的な回路の要素はチップパッケージの中で完結してる。のね。当然か。
当然、HPF(ハイパスフィルタ)とLPF(ローパスフィルタ)としても機能するので、音質(f特:周波数特性)に関連するわけだけど、なんせデジタルだしね・・・・
アナログならジカに効くので何なんだけど・・・デジタルなんで、ある程度は「データが行けばいんじゃね?」ということで、回路図を参考に、手持ちのパーツ等を使いつつ作ってみました。(クリックで拡大:以下同)
spdif01.jpg
コンデンサは、それでも一応フィルムコンデンサ     一個\15とかのものだけど。
抵抗は手元に1/4wカーボン100Ωがあったので、ケチって、それを3つ使い、100Ωと200Ωとして使用。(20Ωくらい気にしない。)
銅線はCat5のいらないLanケーブルをばらして撚りを強くツイストペアにして使用。
基盤もベークライトのユニバーサル基盤の切れ端。

これを適当に組んで、回路全体は収縮チューブにくるんで、PCにつけました。
spdif.png

Flex-ATXの電源をPicoPSUに変更してるので、その穴をアルミ板で埋めて、PicoPSU用とS/PDIF用の端子をつけました。
spdif02.jpg
RCAジャックは一応、絶縁型金メッキ   共立エレパーツで\180かな?あそこ送料が安くていいのよね・・・

S/PDIFからTVTestで5.1chAACをパススルー
マルチチャンネルアンプのFL管でMPEG2 AACの表示と5.1ch分のスピーカーのマーク
VSA-D1011.png


音質?なんせデジタルだしね。Audiophile 2496も持ってるけどかわんねーよ。たぶん。
とかいいつつ、アンプにつなぐケーブルはTARA LABSのPrism8N 定価2万円?くらい?あほです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。