事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
initngが速いというHPをいくつか見て、何とか入れたかったんだけど結局あきらめて、upstartを試すことに。

で、yum install upstartで、簡単にインストールされたので入れる前はinitなのかと思っていたら、もとからupstartが使われていて、インストールじゃなくアップデートされてるだけだった。
ログ全然見てねーじゃん・・・

で、CentOS6.0 と CentOS6.3 の 32bit と 64bit それぞれの インストール直後と
yum install upstartでアップデートした後の所要時間を 何回かbootchartで測りました。
CentOS6.3の64bitだけはyum installでアップデートされなかったです。

CentOS6.0 32bit アップデート 1 : 49秒
centos60i386init.png

CentOS6.0 32bit アップデート 2 : 1分4秒
centos60i386init2.png

CentOS6.0 32bit アップデート 1 : 39秒
centos60i386upstart.png

CentOS6.0 32bit アップデート 2 : 1分17秒
centos60i386upstart2.png

CentOS6.0 32bit アップデート 3 : 44秒
centos60i386upstart3.png

CentOS6.0 64bit アップデート 1 : 55秒
centos60x64init.png

CentOS6.0 64bit アップデート 1 : 1分4秒
centos60x64upstart.png

CentOS6.0 64bit アップデート 2 : 58秒
centos60x64upstart2.png

CentOS6.3 32bit アップデート 1 : 1分23秒
centos63i386init.png

CentOS6.3 32bit アップデート 1 : 1分16秒
centos63i386upstart.png


CentOS6.3 64bit 1 : 1分40秒
centos63x64init.png

CentOS6.3 64bit 2 : 1分27秒
centos63x64init2.png


どれもLiveCDからインストールしたての状態でbootchart(必要なjavaとant)だけ入れて実験

結果としては、
・中身をまったく替えていなくても数十秒も違ってくることがある。
CentOS6.3は一度も1分を切っていない
・32bitのほうが64bitよりも速いかもしれない

しかし、Ubuntu11.04のbootchartが8秒にはまったくかなわない。
まぁ、SSDに入れての状態だけど・・・

そんなこともあって、この DN2800MT にもUbuntu12.04LTS(ServerとDesktop両方)を試しに入れてみたけど、initngもうまく入らないしデフォルトの状態で全然速くないのでやめました。
Ubuntu11.04だともしかして速いのかなぁ?
DN2800MTがCore2Duoのベアボーンよりボロいのか知りたいところだけれど、もう来月にはサポートが切れるので実験する気力がないです。
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。