事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
CentOS6.3をLVMでないパーティションでインストールしたので、initngを試そうと、以前調べていた、『Pocketstudio.jp』さんの『InitNG で高速ブート』を参考にしようとしたら、HPのディレクトリも変わっていてダウンロードからつまづいた。

で、調べるとバージョンもだいぶあがってるみたいで、『Pocketstudio.jp』さんの通りにやっても./configureでこける。

仕方なく、新しいバージョンで英語を読み読みやってみるが結局うまくいかなかった。

けど、次回チャレンジするときのために、簡略に自分用メモ。

initngの公式HPは http://initng.org/trac
インストールドキュメントは http://initng.org/trac/wiki/Doc/Install

どこかのバージョンから cmake を使うようになっている。

基本的な流れは
# cd /usr/local/src
# wget http://sourceforge.net/projects/initng/files/initng/v0.6/initng-0.6.10.2.tar.bz2/download
# tar xjvf initng-0.6.10.2.tar.bz2
# cd initng-0.6.10.2.tar.bz2

# mkdir build
# cd build

# cmake ..

# make

# make install

CentOSではcmakeのために、cmakeを入れないといけないが、yum installで入れるとmakeの際に新しいバージョンはだめ(2.4にしろ)みたいなことを言われる。
で、2.4を入れようとするが失敗
2.4.8を入れる
参考にしたのが『なにかつくってひまつぶし』さんの『Linux版影付きSLビューアコンパイル手順(1.21対応)

# wget http://www.cmake.org/files/v2.4/cmake-2.4.8.tar.gz
# tar xvzf cmake-2.4.8.tar.gz
# cd cmake-2.4.8
# ./configure
# make
# make install

cmake本体は、/usr/local/binにインストールされる
PATHを通すか、/usr/local/bin/cmakeで実行

で、cmakeを入れるために、
yum install make gcc gcc-c++ が必要

===============================================

Ubuntu12.04でも試したけど、cmakeを入れるにはapt-get install make gcc gcc-c++ だけではだめで、

sudo apt-get install build-essential

参考にしたのが
『stackoverflow』さんの『How to set C++ environment variable in Linux ubuntu?


後は何をしたか忘れた・・・・
とにかく英語を斜め読みでは むりかも??
さすがにソース読むまでの気力はない・・・・
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。