事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
シェルスクリプトの作法が ちょっと独特で、しょっちゅう上手く動かなくなるので 個人的によく使う書き方とかをメモ。

拡張子には.sh  (ローカルルール)
foo.sh

ファイルの中身
頭におまじない
#!/bin/bash

コメント
# 以下はコメントになる
/* comment */は使えない

行終わり セミコロン
; 有ってもなくてもいい     (phpでよく忘れる。phpはないとだめ)
一行で複数のコマンドを書くときは、 ; で区切って可

クオート   文字列 他の大概の言語と同じ(大して知らないけど)
" " ダブルクオート で 普通の文字列 変数は展開される
' ' シングルクオート で まんま文字列 変数は展開されない
(ただの変数には" " ダブルクオートを付けておいた方が吉)

バッククオート   コマンドが実行された結果に置き換わる
result=`command`
以下は ls -la と同じことになる   ls_result=$(ls) に似てる(後述)違いは謎(ぉぃ
option=-la
output=`ls $option`
echo $output
ネストも可 内側のバッククオートにバックスラッシュ¥をつける
result=`command¥`command¥``

変数  シェルスクリプトは変数の型がないらしい。
変数の定義、代入    代入の際『=』の前後にスペースを入れてはダメらしい
hoge=111
呼び出し方    $をつけるらしい (ややこしい・・・・)
$hoge
しかも、基本的に文字列として扱われるらしいので、 (マジかょ・・・・)
num=1
num=$num + 1
echo $num

の結果が 『1 + 1』 という文字列になるらしい。 (勘弁してください・・・)
これを回避するには
num=1
let num="$num + 1"
echo $num
→cf.四則演算
単純なインクリメンタル
let ++num

特殊な変数
シェルスクリプトに引数を渡すには(コマンドラインオプション)
foo.sh hoge fuga piyo
引数の参照
$1,$2,$3
スクリプト名の参照
$0
引数の数
$#
全ての引数を一度に参照する   違いは謎(ぉぃ
$* もしくは $@
シェルスクリプトのPID(プロセスID)
$$
最後に実行したコマンドのexit値
$?

上の例だと
$0 にはfoo.sh
$1 にはhoge
$2 にはfuga
$3 にはpiyo
$# には3
$* で hoge fuga piyo
$$ にはPIDの数字
$? は普通0か1

配列
配列の定義、代入
array[0]=hoge
array[1]=fuga
array[2]=piyo

もしくは
array=(hoge fuga piyo)
要素の追加
array=("${array[@]}" "hogera")
要素の一部を削除
unset array[1]
配列を削除
unset array
コマンドの実行結果が複数行ある時それをすべて配列に格納
ls_result=$(ls)
配列の参照    $は当然、{}が必須らしい。
${array[2]}
配列を全て参照  各要素を単語として
${array[@]}
配列を全て参照  IFS文字でつなげて一つの文字列で
IFS=";"       Internal Field Separatorらしい よーわからん
echo "${array[*]}"
    " "がないとダメみたい
hoge;fuga;piyo
配列の要素数    #をつけて*を入れるらしい。
${#array[*]}

文字列結合  ただくっつける。『.』とか不用
str=$mojiretu1$mojiretu2

四則演算  exprが必要  演算子の前後にスペースも必要  演算子は普通
a=`expr 5 + 3`
b=`expr 5 - 3`
c=`expr $a + $b`
d=`expr 5 ¥* 3` *はワイルドカードなのでバックスラッシュ¥が必要
e=`expr 5 / 3`
f=`expr 5 % 3`

リダイレクト  ファイルの入出力が驚くほど簡単
ファイルに上書き書き込み   bar.txtにhogehogeと言う文字列を上書きで書き込み
echo "hogehoge" >bar.txt
ファイルに追加書き込み   bar.txtにhogehogeと言う文字列を追記で書き込み(最終行)
echo "hogehoge" >>bar.txt
	echoでタブ改行を表現する方法  -e オプションをつける
echo -e "hello¥tworld¥nhello¥nworld"
キーボードからの入力   キーボードの入力を待って、Enterまでの入力を$LINEに格納
read LINE
ファイルから一行読み込み  foo.txtから一行読み込んで$LINEに格納
read LINE <foo.txt
ファイルを1行ずつ処理
while read LINE
do [処理... $LINE]
done <foo.txt

ファイルの各行を配列に格納 とか
i=0
while read LINE
do array[$i]=$LINE
let ++i
done <foo.txt

パイプ
コマンドの出力をコマンドに入れる
command | command
/homeの.txtファイルのみを表示 とか
ls /home | grep "*.txt"
コマンドの出力を一行ずつ処理
command | while read LINE
do [処理... $LINE]
done

パイプの中はサブシェルでスコープが別⇒パイプの中の変数を外から参照できないらしい
サブシェルで動くというより別スレッドで動く挙動らしい      なにその仕様・・・・
逆手に取ればマルチスレッド動作が簡単に??

制御文
if文  [ ]は本来はtestコマンドの略式らしい [ ]の文字の前後はスペースが必要
if [ 条件式 ]
then
[処理...]
elif [ 条件式 ]
then

[処理...]
else
[処理...]
fi

数値比較
if [ $num1 -eq $num2 ]
演算子意味
-eq== equal
-ne!= not equal
-lt< less than
-le<= less equal
-gt> greater than
-ge>= greater equal
文字列比較
演算子意味
===
!=!=
=~左辺の文字列に右辺のパターンによる部分文字列が含まれるか
!~左辺の文字列に右辺のパターンによる部分文字列以外が含まれるか
ファイル比較
演算子 意味
-ntより新しいnewer than
-otより古いolder than
特殊なオプション
オプション使い方意味
-z [ -z string ] string の文字列長が 0 ならば真
-n [ -n string ] string の文字列長が 0 より大ならば真
-d [ -d file ] file がディレクトリならば真
-e [ -e file ] file が存在するならば真
-f [ -f file ] file が普通のファイルならば真
-s [ -s file ] file が 0 より大きいサイズならば真
-r [ -r file ] file が読み取り可能ならば真
-w [ -w file ] file が書き込み可能ならば真
-x [ -x file ] file が実行可能ならば真
-O [ -O file ] file の所有者ならば真
-G [ -G file ] file の所有者と同じグループに属するならば真


一行if文
target=./hoge.txt
if [ -f $target ]; then rm -f $target ;fi
または
[ -f $target ] && rm -f $target

Like三項演算子(条件? 処理1:処理2;)
[ $hoge = $foo ] && echo "true" || echo "false"

if文の応用 らしい
testコマンドや[ ]の変わりに 他のコマンドを使って条件判定する
if echo $hoge | grep -sq "fuga"
then
~~~

grepは一致するパターンがあればそれを表示して戻り値に0(真)を返す
なければ戻り値に1(偽)を返す
ので、$hoge変数のなかにfugaの文字列があれば真、なければ偽になる
-sqはエラー出力と標準出力を抑制するgrepのオプション

for文
for str in ${array[@]}
do
echo $str
done

なにそのforeach・・・ orz
で、foreachは無いらしい。そらそうだ。
それでも、以下の方法でforっぽくできる らしい。
for (( i = 0; i < ${#array[@]}; ++i ))
do
echo ${array[$i]}
done


while文
i=1
while [ $i -le 5 ]
do
echo "$i"
let ++i
done





参考:
Bashで覚えておくとよいデータ構造 - 配列Add Star
IFS てなに?
if 文と test コマンド
bash のアレコレ
bash,dash,zshのreadコマンドと「while read」のループ処理について
BASHでの変数について
bash 超プログラム術
Bash基礎文法最速マスター
簡素なif文は一行で書く
シェルスクリプト入門 [演算・比較]


シェルスクリプトのデバッグ のヒント @IT
シェルスクリプトの一部分をデバッグするには
シェルスクリプトをデバッグするには
シェルスクリプトの文法チェックを行うには
スポンサーサイト

PageTop

コメント

 ※
 ※
管理者にだけ表示を許可する
  ※ 必須項目です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。