事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
訳あって802.11b/g/nでGbEのplanexのMZK-WG300NXをゲット
正確には、バルク扱いのようなMZK-WG300NXCRでマニュアルは一切無し。で1980円(但し送料別)。
本当はネットワークに関する知識がかなりプアなので、NECにしたかったのですが、最悪ギガビットハブに使えりゃいいかとチャレンジ。

まぁ、終息モノなのでかなり今更ですが、あまりにもオモシロ仕様だったので、次、設定するとき忘れてハマラナイようにメモ。

一言で言うと、なかなか設定画面に入れません
あ、つながった。と思い、何か違う設定ページを見ようとしたら、もうつながっていません。

で、結論から言うと、設定次第でIPアドレスがコロコロ変わる。です。

とにかく設定をひとつ変えるたびに本体のIPアドレスがコロコロ変わるので、その度に設定画面に入れなくなります。

ルーターモード、AP(アクセスポイント)モード、イサコン(コンバーター)モードで、それぞれIPアドレスを変えるし、DHCPサーバー機能、DHCPクライアント機能、の有効無効でもIPが変わっていくという、まぁ、わかっちまえばそれまでなのですが、なかなかのオモシロ仕様っぷりです。

どうも繋がらないのでおかしいなぁ、IPが変わっちゃってるのかなぁと途中で気付いたので、そこからどうしたかといえば、もうそりゃブルートフォースアタックです。(ちゃちいなぁ

Windowsのバッチはめんどくさかったので、VirtualBox上のLinuxを立ち上げて、bashで192.168.以下をpingで帰ってくるIPをしらみつぶしに探して、知らないアドレスで応答があったところに繋いだらビンゴでした。

それと、無線を 802.11n限定にしたら 相性のせいかThinkpadと繋がらない。
g+nだと繋がります。
ThinkPadがタコなのかもしれませんが、まったく、オモローです。


しかもしかも、業界最速クラスWAN-LAN有線スループット930Mbpsとかでかでかと書いてあるのに
Lan内でベンチとってもよくて半分しか出ません。
計測先のZドライブはCentOS6.5のtmpfs(ラムディスク)
mzk-wg300nx.png

もしかして、WAN-LANが930MbpsでLAN-LANは違うってことなのか??
これは思いっきりだまされました。 orz


えっと、で、要するに、次、またハマッテここ見たらPCと1対1で繋いでほかは繋がず設定を先に済ませろ to 自分
という事です。

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。