事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
Ubuntuで一通り実験をしたので、本格稼動へ向けてCentOS6.0をインストールすることに。

そして、Sambaのインストールで嵌りまくった記録
(次ぎ入れる時も嵌る自信アリまくり;;)


まずCentOSのインストール。
LiveCDからインストールすれば特には問題は無いです。
強いて言えば、『kdumpを設定するにはメモリーが足りません。』 と、いきなり言われること。
どうやらメモリ搭載量が4G以下だと出るバグらしくて、どうにも出来ないし『OK』を押して進むだけです。
後ほどパッケージの更新をすれば解決するらしいです。(更新はインストール後ネットにつながってれば勝手に出てくるのでその時解ります)

また、最後 インストール終了後『閉じる』を押したところで、カーソルだけで真っ暗のままシャットダウンもしないし再起動もしないので、電源ボタンを押してPCの電源を切らなければならないこと。 

くらいです。



で、OSのインストール終了後


日本語が入力できない
 orz

まぁ、別にいいんですけど・・・
ブラウザで色々なパッケージのインストール方法を調べるのに、検索ワードが英語だけでは不便です・・・

で、色々しらべたら以下の方法で入力メソッドのインストールが出来ました。
あ、CentOSは sudo が無いらしいので、ログイン画面を出して、その他から『root』のアカウントでログインしてからインストールしました。
赤文字が端末に入力したコマンドです)

[root@localhost ~]# yum install ibus-anthy
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
base | 3.7 kB 00:00
base/primary_db | 3.3 MB 00:04
extras | 951 B 00:00
extras/primary | 201 B 00:00
updates | 3.5 kB 00:00
updates/primary_db | 3.1 MB 00:03
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package ibus-anthy.i686 0:1.2.1-1.el6 set to be updated
--> Processing Dependency: ibus >= 1.2.0.20100111 for package: ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libanthydic.so.0 for package: ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686
--> Processing Dependency: kasumi for package: ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686
--> Processing Dependency: libanthy.so.0 for package: ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686
--> Processing Dependency: anthy for package: ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686
--> Running transaction check
---> Package anthy.i686 0:9100h-10.1.el6 set to be updated
---> Package ibus.i686 0:1.3.4-3.el6 set to be updated
--> Processing Dependency: ibus-libs = 1.3.4-3.el6 for package: ibus-1.3.4-3.el6.i686
--> Processing Dependency: ibus-gtk = 1.3.4-3.el6 for package: ibus-1.3.4-3.el6.i686
--> Processing Dependency: im-chooser >= 1.2.5 for package: ibus-1.3.4-3.el6.i686
--> Processing Dependency: libibus.so.2 for package: ibus-1.3.4-3.el6.i686
--> Processing Dependency: pyxdg for package: ibus-1.3.4-3.el6.i686
---> Package kasumi.i686 0:2.5-1.1.el6 set to be updated
--> Running transaction check
---> Package ibus-gtk.i686 0:1.3.4-3.el6 set to be updated
---> Package ibus-libs.i686 0:1.3.4-3.el6 set to be updated
---> Package im-chooser.i686 0:1.3.1-2.el6 set to be updated
--> Processing Dependency: imsettings >= 0.106.0 for package: im-chooser-1.3.1-2.el6.i686
--> Processing Dependency: libimsettings.so.4 for package: im-chooser-1.3.1-2.el6.i686
---> Package pyxdg.noarch 0:0.18-1.el6 set to be updated
--> Running transaction check
---> Package imsettings.i686 0:0.108.0-3.4.el6 set to be updated
--> Processing Dependency: libgxim.so.2 for package: imsettings-0.108.0-3.4.el6.i686
---> Package imsettings-libs.i686 0:0.108.0-3.4.el6 set to be updated
--> Running transaction check
---> Package libgxim.i686 0:0.3.3-3.1.el6 set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
ibus-anthy i686 1.2.1-1.el6 base 133 k
Installing for dependencies:
anthy i686 9100h-10.1.el6 base 6.0 M
ibus i686 1.3.4-3.el6 base 333 k
ibus-gtk i686 1.3.4-3.el6 base 25 k
ibus-libs i686 1.3.4-3.el6 base 95 k
im-chooser i686 1.3.1-2.el6 base 144 k
imsettings i686 0.108.0-3.4.el6 base 189 k
imsettings-libs i686 0.108.0-3.4.el6 base 101 k
kasumi i686 2.5-1.1.el6 base 72 k
libgxim i686 0.3.3-3.1.el6 base 122 k
pyxdg noarch 0.18-1.el6 base 79 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 11 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 7.3 M
Installed size: 29 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/11): anthy-9100h-10.1.el6.i686.rpm | 6.0 MB 00:08
(2/11): ibus-1.3.4-3.el6.i686.rpm | 333 kB 00:00
(3/11): ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686.rpm | 133 kB 00:00
(4/11): ibus-gtk-1.3.4-3.el6.i686.rpm | 25 kB 00:00
(5/11): ibus-libs-1.3.4-3.el6.i686.rpm | 95 kB 00:00
(6/11): im-chooser-1.3.1-2.el6.i686.rpm | 144 kB 00:00
(7/11): imsettings-0.108.0-3.4.el6.i686.rpm | 189 kB 00:00
(8/11): imsettings-libs-0.108.0-3.4.el6.i686.rpm | 101 kB 00:00
(9/11): kasumi-2.5-1.1.el6.i686.rpm | 72 kB 00:00
(10/11): libgxim-0.3.3-3.1.el6.i686.rpm | 122 kB 00:00
(11/11): pyxdg-0.18-1.el6.noarch.rpm | 79 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total 631 kB/s | 7.3 MB 00:11
警告: rpmts_HdrFromFdno: ヘッダ V3 RSA/SHA256 Signature, key ID c105b9de: NOKEY
base/gpgkey | 3.3 kB 00:00 ...
Importing GPG key 0xC105B9DE "CentOS-6 Key (CentOS 6 Official Signing Key) " from /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-6
Is this ok [y/N]: y
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : anthy-9100h-10.1.el6.i686 1/11
Installing : ibus-libs-1.3.4-3.el6.i686 2/11
Installing : libgxim-0.3.3-3.1.el6.i686 3/11
Installing : pyxdg-0.18-1.el6.noarch 4/11
Installing : imsettings-libs-0.108.0-3.4.el6.i686 5/11
Installing : imsettings-0.108.0-3.4.el6.i686 6/11
Installing : im-chooser-1.3.1-2.el6.i686 7/11
Installing : ibus-gtk-1.3.4-3.el6.i686 8/11
Installing : ibus-1.3.4-3.el6.i686 9/11
Installing : kasumi-2.5-1.1.el6.i686 10/11
Installing : ibus-anthy-1.2.1-1.el6.i686 11/11

Installed:
ibus-anthy.i686 0:1.2.1-1.el6

Dependency Installed:
anthy.i686 0:9100h-10.1.el6 ibus.i686 0:1.3.4-3.el6
ibus-gtk.i686 0:1.3.4-3.el6 ibus-libs.i686 0:1.3.4-3.el6
im-chooser.i686 0:1.3.1-2.el6 imsettings.i686 0:0.108.0-3.4.el6
imsettings-libs.i686 0:0.108.0-3.4.el6 kasumi.i686 0:2.5-1.1.el6
libgxim.i686 0:0.3.3-3.1.el6 pyxdg.noarch 0:0.18-1.el6

Complete!





お次に 嵌りまくった Samba のインストールです。
まずは、『Server World』さんの『CentOS 6 - Sambaサーバー - フルアクセスの共有フォルダ作成』に倣い、

[root@localhost ~]# yum -y install samba
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package samba.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2 set to be updated
--> Processing Dependency: samba-common = 3.5.4-68.el6_0.2 for package: samba-3.5.4-68.el6_0.2.i686
--> Processing Dependency: samba-winbind-clients = 3.5.4-68.el6_0.2 for package: samba-3.5.4-68.el6_0.2.i686
--> Running transaction check
--> Processing Dependency: samba-common = 3.5.4-68.el6 for package: samba-client-3.5.4-68.el6.i686
---> Package samba-common.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2 set to be updated
--> Processing Dependency: samba-winbind-clients = 3.5.4-68.el6 for package: libsmbclient-3.5.4-68.el6.i686
---> Package samba-winbind-clients.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2 set to be updated
--> Running transaction check
---> Package libsmbclient.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2 set to be updated
---> Package samba-client.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2 set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
samba i686 3.5.4-68.el6_0.2 updates 5.0 M
Updating for dependencies:
libsmbclient i686 3.5.4-68.el6_0.2 updates 1.6 M
samba-client i686 3.5.4-68.el6_0.2 updates 11 M
samba-common i686 3.5.4-68.el6_0.2 updates 13 M
samba-winbind-clients i686 3.5.4-68.el6_0.2 updates 1.1 M

Transaction Summary
================================================================================
Install 1 Package(s)
Upgrade 4 Package(s)

Total download size: 32 M
Downloading Packages:
(1/5): libsmbclient-3.5.4-68.el6_0.2.i686.rpm | 1.6 MB 00:02
(2/5): samba-3.5.4-68.el6_0.2.i686.rpm | 5.0 MB 00:06
(3/5): samba-client-3.5.4-68.el6_0.2.i686.rpm | 11 MB 00:13
(4/5): samba-common-3.5.4-68.el6_0.2.i686.rpm | 13 MB 00:16
(5/5): samba-winbind-clients-3.5.4-68.el6_0.2.i686.rpm | 1.1 MB 00:01
--------------------------------------------------------------------------------
Total 807 kB/s | 32 MB 00:40
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Updating : samba-winbind-clients-3.5.4-68.el6_0.2.i686 1/9
Updating : samba-common-3.5.4-68.el6_0.2.i686 2/9
Updating : samba-client-3.5.4-68.el6_0.2.i686 3/9
Installing : samba-3.5.4-68.el6_0.2.i686 4/9
Updating : libsmbclient-3.5.4-68.el6_0.2.i686 5/9
Cleanup : samba-client-3.5.4-68.el6.i686 6/9
Cleanup : samba-common-3.5.4-68.el6.i686 7/9
Cleanup : libsmbclient-3.5.4-68.el6.i686 8/9
Cleanup : samba-winbind-clients-3.5.4-68.el6.i686 9/9

Installed:
samba.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2

Dependency Updated:
libsmbclient.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2
samba-client.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2
samba-common.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2
samba-winbind-clients.i686 0:3.5.4-68.el6_0.2

Complete!
[root@localhost ~]# mkdir /home/share
[root@localhost ~]# chmod 777 /home/share



その後、vi で開いて『smb.conf』を変更するように書いてあります(vi /etc/samba/smb.conf)が、何故かその通りにして最後までやってもうまくいかない。
(『ネットワークに重複した名前があるため接続されませんでした。』というメッセージが出てつながらなかったと思う、トラブリ過ぎてどの段階でこのメッセージだったかうろ覚え;;)
で、ひとまず『smb.conf』の設定を確かめようと、再度(vi /etc/samba/smb.conf)として vi で開くと、
Found a swap file by the name ".smb.conf.swp"
    以下略

(てきとー訳)スワップファイルが作られてます。
他のプログラムがエディット中 または、
ファイルがクラッシュしたのでリカバリーするか、
もし既にそれをしたならスワップファイルをデリートしてください。
見たいな事をいわれ、それに続くファイルの中身もなんだかえらい短い感じ。
試しに、スワップファイルをviで開いてみるとめっちゃ文字化け

なに?と思い、/etc/samba/smb.conf を直接ダブルクリックで開こうとするもgEditがエンコーディングが解らんから開けない と抜かす。
様々なエンコーディングを試しても一切中身を表示しようとしない。

なにを??とおもい、Sambaのremove(アンインストール)からインストール、更にはOSのインストールからやり直すも改善せず嵌る 嵌りポイント1


仕方が無いので、再度OSをインストールしなおし、次はviからではなくファイルを直接ダブルクリックしてgEditで開いて編集することにした。
ちなみに、gEditがエンコーディングが解らないから開けない と言う原因はわかってないが、『端末』上で日本語が含まれる内容を保存したものも、XPで作ったテキストファイル(中身日本語でUTF-8で保存)も同様に開けなかった。gEdit自体で作ったファイルはちゃんと開ける。
もちろん日本語が入っていない文章はどちらもちゃんと開けた。
『端末』(and 『端末』から起動したvi)で保存すると内容がおかしくなるのかと当初は思っていたが、後からそのファイルをXPでUTF-8指定で開いてみると何の問題も無い様子。
なんかよーわからんけど、UbuntuではSambaのインストールから動作確認があまりにも簡単だったのに比べ、いきなり色々とハードルがあるんで面食らってしまう。

というわけで、『smb.conf』をgEditで書いてあるように設定する。
ちなみに内容の全文と変更箇所を赤で掲載しておきます。(ちゃんと動いた最終形)
/etc/samba/smb.conf


# This is the main Samba configuration file. You should read the
# smb.conf(5) manual page in order to understand the options listed
# here. Samba has a huge number of configurable options (perhaps too
# many!) most of which are not shown in this example
#
# For a step to step guide on installing, configuring and using samba,
# read the Samba-HOWTO-Collection. This may be obtained from:
# http://www.samba.org/samba/docs/Samba-HOWTO-Collection.pdf
#
# Many working examples of smb.conf files can be found in the
# Samba-Guide which is generated daily and can be downloaded from:
# http://www.samba.org/samba/docs/Samba-Guide.pdf
#
# Any line which starts with a ; (semi-colon) or a # (hash)
# is a comment and is ignored. In this example we will use a #
# for commentry and a ; for parts of the config file that you
# may wish to enable
#
# NOTE: Whenever you modify this file you should run the command "testparm"
# to check that you have not made any basic syntactic errors.
#
#---------------
# SELINUX NOTES:
#
# If you want to use the useradd/groupadd family of binaries please run:
# setsebool -P samba_domain_controller on
#
# If you want to share home directories via samba please run:
# setsebool -P samba_enable_home_dirs on
#
# If you create a new directory you want to share you should mark it as
# "samba-share_t" so that selinux will let you write into it.
# Make sure not to do that on system directories as they may already have
# been marked with othe SELinux labels.
#
# Use ls -ldZ /path to see which context a directory has
#
# Set labels only on directories you created!
# To set a label use the following: chcon -t samba_share_t /path
#
# If you need to share a system created directory you can use one of the
# following (read-only/read-write):
# setsebool -P samba_export_all_ro on
# or
# setsebool -P samba_export_all_rw on
#
# If you want to run scripts (preexec/root prexec/print command/...) please
# put them into the /var/lib/samba/scripts directory so that smbd will be
# allowed to run them.
# Make sure you COPY them and not MOVE them so that the right SELinux context
# is applied, to check all is ok use restorecon -R -v /var/lib/samba/scripts
#
#--------------
#
#======================= Global Settings =====================================

[global]
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
dos charset = CP932

# ----------------------- Netwrok Related Options -------------------------
#
# workgroup = NT-Domain-Name or Workgroup-Name, eg: MIDEARTH
#
# server string is the equivalent of the NT Description field
#
# netbios name can be used to specify a server name not tied to the hostname
#
# Interfaces lets you configure Samba to use multiple interfaces
# If you have multiple network interfaces then you can list the ones
# you want to listen on (never omit localhost)
#
# Hosts Allow/Hosts Deny lets you restrict who can connect, and you can
# specifiy it as a per share option as well
#
workgroup = WORKGROUP
server string = CentOS6.0


; netbios name = MYSERVER

; interfaces = lo eth0 192.168.12.2/24 192.168.13.2/24
hosts allow = 127. , 192.168.0.

# --------------------------- Logging Options -----------------------------
#
# Log File let you specify where to put logs and how to split them up.
#
# Max Log Size let you specify the max size log files should reach

# logs split per machine
log file = /var/log/samba/log.%m
# max 50KB per log file, then rotate
max log size = 50

# ----------------------- Standalone Server Options ------------------------
#
# Scurity can be set to user, share(deprecated) or server(deprecated)
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.

security = share
passdb backend = tdbsam


# ----------------------- Domain Members Options ------------------------
#
# Security must be set to domain or ads
#
# Use the realm option only with security = ads
# Specifies the Active Directory realm the host is part of
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.
#
# Use password server option only with security = server or if you can't
# use the DNS to locate Domain Controllers
# The argument list may include:
# password server = My_PDC_Name [My_BDC_Name] [My_Next_BDC_Name]
# or to auto-locate the domain controller/s
# password server = *


; security = domain
; passdb backend = tdbsam
; realm = MY_REALM

; password server =

# ----------------------- Domain Controller Options ------------------------
#
# Security must be set to user for domain controllers
#
# Backend to store user information in. New installations should
# use either tdbsam or ldapsam. smbpasswd is available for backwards
# compatibility. tdbsam requires no further configuration.
#
# Domain Master specifies Samba to be the Domain Master Browser. This
# allows Samba to collate browse lists between subnets. Don't use this
# if you already have a Windows NT domain controller doing this job
#
# Domain Logons let Samba be a domain logon server for Windows workstations.
#
# Logon Scrpit let yuou specify a script to be run at login time on the client
# You need to provide it in a share called NETLOGON
#
# Logon Path let you specify where user profiles are stored (UNC path)
#
# Various scripts can be used on a domain controller or stand-alone
# machine to add or delete corresponding unix accounts
#
; security = user
; passdb backend = tdbsam

; domain master = yes
; domain logons = yes

# the login script name depends on the machine name
; logon script = %m.bat
# the login script name depends on the unix user used
; logon script = %u.bat
; logon path = \\%L\Profiles\%u
# disables profiles support by specifing an empty path
; logon path =

; add user script = /usr/sbin/useradd "%u" -n -g users
; add group script = /usr/sbin/groupadd "%g"
; add machine script = /usr/sbin/useradd -n -c "Workstation (%u)" -M -d /nohome -s /bin/false "%u"
; delete user script = /usr/sbin/userdel "%u"
; delete user from group script = /usr/sbin/userdel "%u" "%g"
; delete group script = /usr/sbin/groupdel "%g"


# ----------------------- Browser Control Options ----------------------------
#
# set local master to no if you don't want Samba to become a master
# browser on your network. Otherwise the normal election rules apply
#
# OS Level determines the precedence of this server in master browser
# elections. The default value should be reasonable
#
# Preferred Master causes Samba to force a local browser election on startup
# and gives it a slightly higher chance of winning the election
; local master = no
; os level = 33
; preferred master = yes

#----------------------------- Name Resolution -------------------------------
# Windows Internet Name Serving Support Section:
# Note: Samba can be either a WINS Server, or a WINS Client, but NOT both
#
# - WINS Support: Tells the NMBD component of Samba to enable it's WINS Server
#
# - WINS Server: Tells the NMBD components of Samba to be a WINS Client
#
# - WINS Proxy: Tells Samba to answer name resolution queries on
# behalf of a non WINS capable client, for this to work there must be
# at least one WINS Server on the network. The default is NO.
#
# DNS Proxy - tells Samba whether or not to try to resolve NetBIOS names
# via DNS nslookups.

; wins support = yes
; wins server = w.x.y.z
; wins proxy = yes

; dns proxy = yes

# --------------------------- Printing Options -----------------------------
#
# Load Printers let you load automatically the list of printers rather
# than setting them up individually
#
# Cups Options let you pass the cups libs custom options, setting it to raw
# for example will let you use drivers on your Windows clients
#
# Printcap Name let you specify an alternative printcap file
#
# You can choose a non default printing system using the Printing option

load printers = yes
cups options = raw

; printcap name = /etc/printcap
#obtain list of printers automatically on SystemV
; printcap name = lpstat
; printing = cups

# --------------------------- Filesystem Options ---------------------------
#
# The following options can be uncommented if the filesystem supports
# Extended Attributes and they are enabled (usually by the mount option
# user_xattr). Thess options will let the admin store the DOS attributes
# in an EA and make samba not mess with the permission bits.
#
# Note: these options can also be set just per share, setting them in global
# makes them the default for all shares

; map archive = no
; map hidden = no
; map read only = no
; map system = no
; store dos attributes = yes


#============================ Share Definitions ==============================

[homes]
comment = Home Directories
browseable = no
writable = yes
; valid users = %S
; valid users = MYDOMAIN\%S

[printers]
comment = All Printers
path = /var/spool/samba
browseable = no
guest ok = no
writable = no
printable = yes

# Un-comment the following and create the netlogon directory for Domain Logons
; [netlogon]
; comment = Network Logon Service
; path = /var/lib/samba/netlogon
; guest ok = yes
; writable = no
; share modes = no


# Un-comment the following to provide a specific roving profile share
# the default is to use the user's home directory
; [Profiles]
; path = /var/lib/samba/profiles
; browseable = no
; guest ok = yes


# A publicly accessible directory, but read only, except for people in
# the "staff" group
; [public]
; comment = Public Stuff
; path = /home/samba
; public = yes
; writable = yes
; printable = no
; write list = +staff

[Share]
path = /home/share
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777
share modes = yes



その後、
[root@localhost ~]# /etc/rc.d/init.d/smb start
SMB サービスを起動中: [ OK ]
[root@localhost ~]# /etc/rc.d/init.d/nmb start
NMB サービスを起動中: [ OK ]
[root@localhost ~]# chkconfig smb on
[root@localhost ~]# chkconfig nmb on




しかし、『smb.conf』を変更しただけではだめで、『ネットワークに重複した名前があるため接続されませんでした。』について調べるとどうやら、ホスト名が設定されていないこと原因らしい。 嵌りポイント2
samba1.png


え?インストールのときに名前決めて入れたやん?しかもホスト名とか書いてあったやん?と思ったものの、気にはしていなかったが『端末』上にもlocalhostとは書いてある。

で、『家族サービスの合間をぬって書く技術系のブログ』さんの『[CentOS] ホスト名の変更』などなどを参考に、/etc/sysconfig/networkのファイルを直接ダブルクリックし、HOSTNAMEを変更
以下『network』ファイルの全文
NETWORKING=yes
NETWORKING_IPV6=no
HOSTNAME=NAS.localdomain
NTPSERVERARGS=iburst


どうやら、localhostの部分のみ(.localdomainはそのまま残し)変更するらしい。
さらに、自分の環境では『/etc/hosts』ファイルはマシンの再起動によって勝手に書き換えられるようなので、下手にいじらずにそのままにしました。
ちなみに『hosts』ファイルの全文
192.168.0.99 NAS.localdomain NAS # Added by NetworkManager
127.0.0.1 localhost.localdomain localhost
::1 NAS.localdomain NAS localhost6.localdomain6 localhost6


『NAS.localdomain』と『NAS』という表記が自動的に書き加えられている。
更に、サーバーのIPアドレスも自動で書き出されている。







さてさて、これで晴れて    XPからサーバーマシンをダブルクリックして『名前が重複~~』がなくなり、開けるかと思いきや  つながりません  orz




次なるメッセージは『ネットワークパスが見つかりません。』です。(確か・・) orz  嵌りポイント3

で、どうやらファイヤーウォールのせいらしい。
ということで、こちらは『端末』からではなくGUI上で設定をしました。
(『端末』からのコマンドでは何故かうまくいかない・・・・)

システム』>『管理』>『ファイアーウォール
で、以下のように 『Samba』のところにチェックを入れて『適用』しました。
ss-samba-FW.png

(『Samba クライアント』はおまけです。たぶん・・・)




さてさてさて、   





ええ。お解りですね。



まだまだです。




この段階で、サーバーの中に入れ、Shareフォルダの中には入れました。
しかし、ファイルが見えません。 あーんど、フォルダを作ろうとしても作れません。

お次は『アクセス許可がない可能性があります』です。

で、実はこれには 2つの嵌りポイントがあって、ひとつは検索では全くヒントの糸口すらなかったものでした。
それは、実際のトラブルシューティング中は『smb.conf』がこの段階ではまだ“最終形”ではなくて
[Share]以下の部分が多少違っていました。
違いは何かというと、
本文の後ろに #でコメントを入れていたことでした。

path = /home/share # 共有フォルダ指定

みたいに、
で、当然のように 『#』以下がコメントアウトだと思っていたのですが、なんと、これが曲者で、『#』があると、その行全体が無効になるのか、設定が全く効いていなかったのです。  orz  嵌りポイント4

phpだのperlだのC#もだっけ・・・・ #以下だけコメントアウトされると思っていたんだけど、違ったっけ???
最近触ってないから忘れてしまったけど;;そうだと思っていたんで、これが原因だとわかった時は、声を上げて『え~~~~!??』と言ってしまいました;;; orz


で、もう片方の嵌りポイントは SELINUXです。 嵌りポイント5
そんなの何のことかわかりませんけど・・・どうやらセキュリティーを強化するためのものらしいです。
しかも、上記の#問題と同様の『アクセス許可がない』エラーなので、原因の切り分けに苦労しました。

で、『NWLab.com』さんの『[Linux] SELinux での samba ホームディレクトリのアクセス』を参考に
setsebool -P samba_enable_home_dirs 1
setenforce 1

をしてもファイルは見れないわ、フォルダは作れないわ で、
『1 で Enforcing、2で on だった場合は、アクセスできない理由は他にありますので smb.confなどを確認してください。』なんて書いてあるんで、頭を抱えたのですが、SELINUXの設定用のGUIツールがあるらしいことがわかったので、それをインストールしました。(最初からは入ってませんでした。)


[root@CentOS ~]# yum install policycoreutils-gui
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
* updates: ftp.iij.ad.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package policycoreutils-gui.i686 0:2.0.83-19.8.el6_0 set to be updated
--> Processing Dependency: policycoreutils-python = 2.0.83-19.8.el6_0 for package: policycoreutils-gui-2.0.83-19.8.el6_0.i686
--> Processing Dependency: setools-console for package: policycoreutils-gui-2.0.83-19.8.el6_0.i686
--> Running transaction check
---> Package policycoreutils-python.i686 0:2.0.83-19.8.el6_0 set to be updated
--> Processing Dependency: audit-libs-python >= 1.4.2-1 for package: policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686
--> Processing Dependency: libsemanage-python >= 2.0.43-4 for package: policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686
--> Processing Dependency: setools-libs-python for package: policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686
--> Processing Dependency: /usr/bin/make for package: policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686
---> Package setools-console.i686 0:3.3.7-4.el6 set to be updated
--> Processing Dependency: setools-libs = 3.3.7-4.el6 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libsefs.so.4(VERS_4.0) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libapol.so.4(VERS_4.1) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libseaudit.so.4(VERS_4.1) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libpoldiff.so.1(VERS_1.2) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libqpol.so.1(VERS_1.2) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libapol.so.4 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libsefs.so.4 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libpoldiff.so.1 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libseaudit.so.4 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libapol.so.4(VERS_4.0) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libqpol.so.1(VERS_1.5) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libpoldiff.so.1(VERS_1.3) for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Processing Dependency: libqpol.so.1 for package: setools-console-3.3.7-4.el6.i686
--> Running transaction check
---> Package audit-libs-python.i686 0:2.0.4-1.el6 set to be updated
---> Package libsemanage-python.i686 0:2.0.43-4.el6 set to be updated
---> Package make.i686 1:3.81-19.el6 set to be updated
---> Package setools-libs.i686 0:3.3.7-4.el6 set to be updated
---> Package setools-libs-python.i686 0:3.3.7-4.el6 set to be updated
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
policycoreutils-gui i686 2.0.83-19.8.el6_0 updates 205 k
Installing for dependencies:
audit-libs-python i686 2.0.4-1.el6 base 54 k
libsemanage-python i686 2.0.43-4.el6 base 80 k
make i686 1:3.81-19.el6 base 386 k
policycoreutils-python i686 2.0.83-19.8.el6_0 updates 331 k
setools-console i686 3.3.7-4.el6 base 327 k
setools-libs i686 3.3.7-4.el6 base 400 k
setools-libs-python i686 3.3.7-4.el6 base 210 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 8 Package(s)
Upgrade 0 Package(s)

Total download size: 1.9 M
Installed size: 6.6 M
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
(1/8): audit-libs-python-2.0.4-1.el6.i686.rpm | 54 kB 00:00
(2/8): libsemanage-python-2.0.43-4.el6.i686.rpm | 80 kB 00:00
(3/8): make-3.81-19.el6.i686.rpm | 386 kB 00:00
(4/8): policycoreutils-gui-2.0.83-19.8.el6_0.i686.rpm | 205 kB 00:00
(5/8): policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686.rpm | 331 kB 00:00
(6/8): setools-console-3.3.7-4.el6.i686.rpm | 327 kB 00:00
(7/8): setools-libs-3.3.7-4.el6.i686.rpm | 400 kB 00:00
(8/8): setools-libs-python-3.3.7-4.el6.i686.rpm | 210 kB 00:00
--------------------------------------------------------------------------------
Total 506 kB/s | 1.9 MB 00:03
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Installing : setools-libs-3.3.7-4.el6.i686 1/8
Installing : setools-libs-python-3.3.7-4.el6.i686 2/8
Installing : setools-console-3.3.7-4.el6.i686 3/8
Installing : 1:make-3.81-19.el6.i686 4/8
Installing : libsemanage-python-2.0.43-4.el6.i686 5/8
Installing : audit-libs-python-2.0.4-1.el6.i686 6/8
Installing : policycoreutils-python-2.0.83-19.8.el6_0.i686 7/8
Installing : policycoreutils-gui-2.0.83-19.8.el6_0.i686 8/8

Installed:
policycoreutils-gui.i686 0:2.0.83-19.8.el6_0

Dependency Installed:
audit-libs-python.i686 0:2.0.4-1.el6
libsemanage-python.i686 0:2.0.43-4.el6
make.i686 1:3.81-19.el6
policycoreutils-python.i686 0:2.0.83-19.8.el6_0
setools-console.i686 0:3.3.7-4.el6
setools-libs.i686 0:3.3.7-4.el6
setools-libs-python.i686 0:3.3.7-4.el6

Complete!


で、『システム』>『管理』>『SELinux Management』から起動して、以下のように『ブーリアン値』にし、『Samba』をフィルターに入れて
Allow samba to share any file/directory read/write
Allow samba to share users home directories
にチェックを入れました。勘で・・・・(起動にも変更にも時間がかかります。)
ちなみに『Allow qemu to use cifs/samba file systems』は元からチェックが入ってました。
Screenshot-SELinux.png

ということで、めでたく、XPマシンからUbuntuの時のようにアクセスが出来るようになったんですけど、以上のトラブルが複合的に起きていたのと、CentOS6にSambaをインストールする方法を書いてあるHPを参考にその通りにやれば動くと思っていたので(基本的にLinuxを解ってないので)Samba入れるだけで何日もかかっちゃいました。
あーつかれた。

スポンサーサイト

PageTop
押入れサーバーの北森セレロン2.8G機
リテールファンだと押入れに入れてもまだうるさいので、CPUファンを交換することに。
しかし、リテールのヒートシンクはCPUと一体となったリテンショナー(っていうの?)で押さえつける機構のため、普通の状態ではヒートシンクごとファンと交換するようになる。みたい。
DSCF1578.png

が、このヒートシンク低周波アナログ回路がほんのチョコット解るくらいの私にとっては捨てるには惜しいくらい立派なもので、30W位のAB級アンプならイケルかな・・・・とか思ってしまう。
DSCF1576.png


で、ヒートシンクとリテンショナーの台座をはずして見てみると、リテンショナーの台座が固定されている穴がかぶるくらいヒートシンクのサイズに余裕があるので、ヒートシンクにタップ立てちゃえばいいんじゃね?とひらめいたのでやってみました。
DSCF1587.png

 2mmの穴を開けて
DSCF1585.png
 3mmのタップを切ります。
DSCF1586.png

なんかアルミシート見たいのはってありますけど、まぁ無視してそのままそこらに転がってたCPU用シリコングリスを塗って
DSCF1589.png

裏から3mm*25mmのねじでヒートシンクを固定しました。
ねじ回しであまりくるくる回してしまうとテンションかかりすぎてM/Bがバキッと逝っても嫌なので、慎重にトルクをかけてとめます。
DSCF1588.png

ここいらで、ちゃんとヒートシンクが密着してるか、リテールのファンをつけてBIOSを立ち上げてみました。
DSCF1605.png
起動後10分くらい経って温度が落ち着いた頃
リテールファン = 外気温+13℃
DSCF1606.png

つぎに、交換予定の12cmファン(GELID Silent12 アマゾンで送料込み\672)を乗っけて実験
DSCF1603.png
GELID Silent12 = 外気温+18℃
DSCF1604.png

ちなみに、そこらに転がってた8cmファン(X-Fan RDL8025B [L]
DSCF1607.png
RDL8025B [L] = 外気温+18℃
DSCF1610.png

12cmファンも8cmファンも回転数がリテールより低いので温度が5度ほど高いけど、外気温30度近くでこの程度なら、まぁ、許容範囲かな?
さらに、12cmファンの場合見て解るとおり、サウスブリッジ(だっけ?)のヒートシンクとメモリまで冷やしてるのでM/Bの温度が低くなっていいですね。

ということで、安心して12cmファンに交換することに決定。

で、どうやって12cmファンを固定するか。
またまた、そこいらに転がっていた アルミ板の端材を適当に加工してこんな足をつけてみました。
上、二箇所だけの固定になるけど、まぁいいでしょう。(ぉぃ。
DSCF1611.png
改めて12cmファンを乗っけてみると、でかいですな。
DSCF1598.png

ケースに組み込んで、更に、本来は排気用の8cmファンをつけるための穴を吸気口に使うために、そこいらに転がっていた100均のぺらぺらのアクリル板をテキトーに箱にして、吸気ダクトをつけてみました。
DSCF1616.png
すごい手ぶれ
DSCF1619.png
これが意外と効果的で、ケース内の熱い空気ではなく、きちんと背面のフレッシュエアを吸い込んでくれてます。

これにあわせて、ケース上部についている電源のファンも後方排気のファンを逆につけて、後方吸気にしました。
で、ケース前面の5インチベイを2つ開けてそこへ8cmファン(またまたGELID Silent8 アマゾンで送料込み\483)をつけて後方からの廃熱を前方排気にしました。
開けっぱなしもなんなんで、いずれパンチングメタルでもはめようかな。100均で売ってるらしいんで・・・・
DSCF1664.png
5インチベイ3段目は、Novacの3.5インチSATA用 はい~るKIT 出し入れ楽太郎 NV-SR301B これまたアマゾンで\2,184送料込み

ちなみに、電源ファンの前後入れ替えの際に、ケミコンの液漏れを発見。
液漏れしてたのは、Fuhjyyu(ふじゆうって読むらしい)の10V1000μF
DSCF1655.png

DSCF1656.png

手持ちにちょうどいいのが無かったので、急遽共立エレショップで東信工業の10V 1000μFの105℃品\63を調達。
送料120円がとっても助かる・・・
後から考えたら、低ESR品を買った方がよかったのかな・・・これだから低周波しか解らないおばかは困る・・・

あ、そうそう、これで押入れにしまったら耳を澄まさないと気が付かない程、静かになりました。
というか、HDDの回転音のほうが確実にうるさいです。

PageTop
ざっくりとUbuntuでのインストール実験と動作実験が終わったので、ここいらでネット越しでのディスクスピード、CPU使用率、消費電力(ワットチェッカー)などを測ってみます。

比較のためにWindows2000でのファイル共有でのスピードも測りました。


まずはWindows2000から、

サーバー機
     OS : Windows2000sp4 sp4適用しただけで特にはドライバー入れてませーん。
     M/B : Asrock P4i65G
     NIC : onboard 100メガビットイーサ
     CPU : Northwood Celeron2.8G
     Mem : 1G (512MB*2)
     HDD : 80G ST380011A (PATA)
     DVD : Plextor PX-708A (ATAPI)
     電源 : ケース付属 (350W)
     ケース : Scythe CROSSOVER

●アイドル編
P4i65Gon2ksp4_idle_CPUusage.png
まぁ、ほぼ何も起動してませんから、0ですね。メモリ消費が54Mバイトってなかなか見ないです。

P4i65Gon2ksp4_idle_w.png
ワットチェッカーの単位は『Watt』です。5Wくらいはちょこまか動くのであまり参考になりません。
ちなみに温度計も一緒に。

●ローカル編 サーバー機上でCrystalDiskMarkを走らせます。
P4i65Gon2ksp4_local_bench.png
VGAドライバー入れてないので16色表示になっちゃってます。見にくいので朱で上書きしました。
まぁ、スピード的にはこんなもんですかね。ATA100世代ですし。

P4i65Gon2ksp4_local_CPUusag.png
CPU使用率はほぼ一桁、たまにピョコンとはねてるのはウィンドウを移動したから。

P4i65Gon2ksp4_local_w.png
消費電力 少し増えます。

●リモート編 有線でつながったWindows2000機からCrystalDiskMarkで計測します。
その前に、ネットワークのドライブをマウントします。(画像は後からXP機で撮ってますが同じです)
Mount_remoteHdd.png
『マイコンピューター』>『右クリック』>『ネットワークドライブの割り当て』
Mount_remoteHdd2.png
『参照』>割り当てるフォルダを指定して『完了』です。
あ、win2000からアクセスするとユーザー名とパスワードを求められました。
サーバー側のwin2000機をインストールしたときのAdmin権限を持つユーザー名とパスワードで入ります。
ちなみに、次に出てくるUbuntuサーバーにwin2000から入るときは、ユーザー名を『guest』でパスワードを空白で入ります。→cf./etc/samba/smb.confの設定 これが効いてるみたいです。
ちなみに、なぜかXPからだと何も聞かれずにそのままつながりました。
これで、CrystalDiskMarkでリモートのドライブを計測できるようになります。
P4i65Gon2ksp4_via_100M2k.png
サーバー機のNICが100Mなので、回線速度の78%くらいでしょうか。
まぁ、こんなもんかな?
なぜか、4KReadの数値がローカルのときよりいいですがなぜでしょう?誤差範囲か?
※100Mbps(メガビット毎秒)=12.5MBPS(メガバイト毎秒)

P4i65Gon2ksp4_remote_CPUusa.png
CPU使用率は2割くらいです。

P4i65Gon2ksp4_remote_w.png
CPU使用率が増えると消費電力も増えます。

次にUbuntu11.04です。

サーバー機 (成り行き上、構成が変わっちゃいました。計測したドライブは一緒)
     OS : Ubuntu11.04 Samba minidlna XBMCが入ってます。
     M/B : Asrock P4i65G
     NIC : onboard 100メガビットイーサ
     CPU : Northwood Celeron2.8G
     Mem : 1G (512MB*2)
     HDD : 80G ST380011A (PATA)
     HDD : 120G ST3120026AS (SATA)
     電源 : ケース付属 (350W)
     ケース : Scythe CROSSOVER

●アイドル編
P4i65GUbuntu_idle_CPUusage.png
スクリーンショットの撮り方わからず面倒なんでデジカメで撮っちゃいました。
UbuntuはOSだけでコンスタントに10%CPU使ってるみたいです。

P4i65GUbuntu_idle_w.png
Win2000のときと構成を変えちゃったので、比較になりませんが、CPU使用率が増えてるので消費電力も増えてます。

●ローカル編 UbuntuのHDDの項目にベンチマークがあったので試してみました。
P4i65GUbuntu_ST380011A.png
サーバーがWin2000のCrystalDiskMarkとは比べられませんが、まぁ、同じようなもんかな?
しかし、CPU使用率が高いです・・・走ってる間はほぼ5割越え。

P4i65GUbuntu_ST380011A_w.png
CPU使用率が高いので、消費電力も高いです。

●リモート編 有線でつながったWindows2000機からCrystalDiskMarkで計測します。
P4i65GUbuntu_via100Meth_2k.png
サーバーがWin2000のときと比較すると、ほとんど変わらないかUbuntuのほうがいいくらいですかね。誤差範囲でしょうか。
まぁ、サーバー機のNICで頭打ちになってるので結局有意差は出ませんけどこのくらいだとSambaが遅いって事は無いということでしょうか。
いまどきGbEで調べないとあまり価値無いですね・・・。
ちなみに、サーバー機のNICだけでなく、100Mのハブを2機も経由してたりしますので、その辺での遅れもあるでしょう。

P4i65GUbuntu_via100Meth_2k_CPUusage.png
しかし、CPU使用率が高い・・・

P4i65GUbuntu_via100Meth_2k_w.png
P4i65GUbuntu_via100Meth_2k_w_2.png
消費電力も高い&変動も大きい。


ちなみに、IEEE802.11g無線LAN54Mbpsの環境からも計測してみました。
P4i65GUbuntu_via54Mwifi_xp.png
54Mbps=6.75MBPS なので、半分も出てないですね・・・
無線がボトルネックなのは明らかですが、54Mbpsでも、22Mbps位しか出ませんね。
ファイルコピーしているときにネットワークスピードをよく見ますが、いつもこんなもんです。
ちなみに無線LAN親機は、IEEE802.11g世代のAirMacExpressです。
子機はインテル® PRO/Wireless 2200BG です。
P4i65GUbuntu_via54Mwifi_xp_CPUusage.png
P4i65GUbuntu_via54Mwifi_xp_w.png


おまけ Wooo XP05からminidlnaへアクセスしたときのCPU使用率と消費電力です
参照してるファイルが小さいファイルなのであまり参考にならないですね。
P4i65GUbuntu_minidlna_viaWoooXP05_CPUusage.png
P4i65GUbuntu_minidlna_viaWoooXP05_w.png

ただ画像が多いだけでなんだか見づらくなっちゃいましたが・・・

まぁ、結論としては北森セレロン程度ではUbuntuはOSだけで10%くらいCPUを食うぞと。

なので、CentOSを入れることにします。

PageTop
宅内ファイルサーバーを目指すに当たり、パッと思いつくのは専用機としてのNASかパソコンを流用するかのまず二択。

実は5年以上前に買ったバッファローのリンクステーションを1台持っているのだが、容量が120Gと今となってはとてつもなく少なく、すでに当時から手持ちのCDの数分の一をwav化して入れただけでいっぱいいっぱいになっていた。しかも中のHDDがPATAの為、換装しようにもコストパフォーマンスが悪く、さらに今更の100Mビットイーサなので使う気が起きずに何年も放置されている。

そもそも宅内ファイルサーバーを建てたい理由は、複数台のパソコン等の端末から同一のファイルにアクセスしたいからで、究極的にはクラウドとは言わずとも、クライアントのPCにはHDDを積まず60G位のSSDだけにして、GbEでつないだサーバーにOSやアプリ以外のすべてのファイルを持たせたい。
そうすれば、クライアントPCはゼロスピンドルで静穏にもなる。
ちょっと前までGbEのハブとかすごい高かった気がしてたけど、気付いたら一昔前の100Mビットイーサと同じくらいの値段になってるので、サーバーとクライアントがGbEでつながれば、数十Mのデジカメ写真の編集やDAW(デジタルオーディオワークステーション)、映像編集なんかをネットワーク越しでも、それなりにできるのではないかと思う。

そこで、ちょっと調べた専用機とパソコン流用の個人的に気になる○と×をまとめてみた。
  専用機NAS
     消費電力が少ない
     電源のON/OFFを細かくプログラムできる
     簡単
     小さい
    × 転送速度が遅い
    × 拡張性がない
  パソコン流用
     転送速度が速い
     拡張性がある
    × 消費電力は専用機にはかなわない
    × 電源のON/OFFを細かくプログラムできない
    × 設定が必要
    × 専用機よりは大きい

ここで、やはりローカルHDDの代わりと考えると転送速度が速いほうがいい。
もしかしたら、TVチューナーをつけて録画サーバーにしたいかもしれない・・・
そう考えると、パソコン流用ということになる。
自然と手持ちのあまっているパソコンを使うことを考えるので、昨今の省エネパソコンではないので、
24時間365日稼動するとなると、1kwh=22円 平均消費電力60w として
24h * 365d * 60w / 1,000 * 22円 = 11,563円/年
ん~
専用NASの消費電力が10wでその差50wと計算しても 9,636円/年
ん~微妙・・

そこで、必要なときだけ立ち上げたい。
というわけで、WakeOnLANです。


毎度、前置きがウザイ。  で、WOLを試しました。

ちなみに、WOLについては、『アイティメディア』さんの『Wake-On-LAN入門』を参照しました。

起こす側(クライアント側)で使ったソフトは
MagicSend → http://www.ex-group.jp/newpage/software00.html
フリーで、コマンドラインからも使えるので、クライアントマシンのスタートアップにエイリアス(winだとショートカット?)を入れておけばPCの起動と同時にサーバーを起動させることが出来ます。

起こされる側(サーバー側)ではまずBIOSの設定をします。
Asrock の P4i65G の AMI BIOS の場合は、
Advanced > ACPI Configuration > PCI Devices Power On > Enable
Boot > Boot Settings Configuration > Boot From Onboard Lan > Enable
の2箇所をEnableにしました。

これだけで、Windows2000の場合と、Ubuntuの場合の両方ともあっさりと起動しました。
が、Ubuntuにminidlnaをインストールしているといつの間にやら起動しなくなったので、先人を訪ねてみました。
参考にしたのは、『sous le grand arbre』さんの『Ubuntu8.04 on ML115をWake on LANで遠隔起動する

まず、Ubuntuに『ethtool』なるものをインストールしました。
左上の『アプリケーション』から『アクセサリ』>『端末』 を起動します。
$マークがでてくるので そこに続いて、
sudo apt-get install ethtool 『Enter』
sudo /usr/sbin/ethtool -s eth0 wol g 『Enter』

としたら、ちゃんとWOLするようになりました。


ちなみに、一番最初に試した時はPuppyLinuxで試したのですが、どうがんばっても立ち上がってくれません。
グーグル先生に聞いてもほとんど教えてくれないのですが、PuppyはShutdownするときにNICを無効化するような記述をどこかでチラッと見ました。やはりPuppyはサーバーには向きませんね・・・

PageTop
前回の記事『Ubuntu + minidlna = Woooでファイル再生 minidlnaをインストール』でDLNAサーバー化に成功したので、続いてWindowsからもアクセスできるようにSambaをインストールします。

で、またも先人の教えに従う訳ですが、簡単すぎました。

なので、HPアドレスだけメモっておきます。
『自宅サーバー Debian/Ubuntu』さんの『Samba でファイルサーバー構築』です。

あー、でも先人さんのHPがどっかいった時のために、中身だけ書き留めておきますか。完全に自分用です。

Sambaのインストール
   sudo apt-get install samba

共有ディレクトリの作成
   sudo mkdir /var/samba
   sudo chown nobody:nogroup /var/samba
   sudo chmod 777 /var/samba


Samba の設定  /etc/samba/smb.conf
         ~~略~~
   [global]
   ## Browsing/Identification ###
   # Change this to the workgroup/NT-domain name your Samba server will part of
   ; workgroup = MSHOME
   workgroup = WORKGROUP
   dos charset = CP932   #Windows 側の文字コード
   unix charset = UTF-8   #Linux 側の文字コード
   display charset = UTF-8   #swat で表示される文字コード
   map to guest = Bad User  #Linux に存在しないユーザーでのアクセスはゲストとして扱う

         ~~中略~~
   ; preexec = /bin/mount /cdrom
   ; postexec = /bin/umount /cdrom

   [share]  #共有するディレクトリ名
   path = /var/samba   #共有ディレクトリのパス
   writeable = yes   #書き込み許可
   force create mode = 0666   #ファイル作成時のファイルのパーミッション
   force directory mode = 0777   #ディレクトリ作成時のディレクトリのパーミッション
   guest ok = yes   #ゲストユーザーを許可
   guest only = yes   #ゲストユーザーのみ接続可


Samba の再起動
   sudo /etc/init.d/samba restart
   * Stopping Samba daemons ― [ OK ]
   * Starting Samba daemons ― [ OK ]



Sambaのインストールは簡単ですねぇ。こんだけ?といった感じです。Linux入れたら次に入れるのはApacheとSambaでどちらが多いんでしょ。
PuppyLinuxでもSambaのインストールはあっという間でしたね。
逆にPuppyにminidlnaは先人も少ないし、よくわからない中やっとこインストールしても動かし方が最後までわかりませんでした。以前Ubuntuのインストールで玉砕したとき軽そうだからとPuppyを試しましたが、Puppyをサーバーに使うのは、どうも微妙ですねぇ。

PageTop
Woooでパソコンの中の動画再生はLinux+minidlnaでいけるらしい。
と調べが付いていたので、以前の記事『日立 Wooo XP05 DLNAクライアントへの道』 と 『Ubuntu XBMC インストール 奮闘記』で、チラッと書いたとおりUbuntu+minidlnaを試そうと奮闘するも玉砕続きだったのがとうとううまくいったのでその顛末です。

ちなみに、玉砕の原因は以前の記事の通りDVD-Rドライブがリコール対商品だった事、CD-RWがエラー出まくりだった事に加えて、今回新たにHDDへの電源ラインの接触不良というショッキングな疑いが持ち上がりました。orz

どおりで挙動がおかしいわけですょ・・・トホホ
HDDへの電源供給を別のラインから行ったらふつーに安定して、Ubuntuもふつーに動くようになりました。
まぁ、Ubuntu11がそれなりに重たいのには変わりはないのですが、前回はCPU使用率がしょっちゅう100%に達していたので、今思えばHDDの電源ラインが不安定でエラー訂正を入れまくってたんでしょうね・・・・よく解りませんけど・・・
なんかM/Bあたりからキュンキュン聞きなれない音もしてましたし・・

しかしここまで物理的な問題が重なるとは・・・火を入れずに放置というのもあまりよくないですね・・・・



で、Ubuntu に minidlna をインストールです。

が、基本的に先人がいますので、それでいいっちゃいいんですが、「Sudo?なにそれ元気なの?」な私がつまづいた所も含め備忘録として書いておきます。

ちなみに先人は、『TNK | HTML, CSS, ActionScript, JavaScript, Server…』さんで 記事は『UbuntuにMiniDLNA突っ込んでWoooで視聴してみる』です。(ってまんまやん。)


   先人に習って環境なんぞも書いてみます。
     OS:Ubuntu11.04    (表示モードは Ubuntu クラシック エフェクトなし)
     M/B:Asrock P4i65G   (まだ売ってる!すごい!買ったの4~5年前)
     CPU:NorthWood Celeron2.8G
     Mem:1G (512MB*2)
     HDD:80G (そこらに転がってたSeagateのPATA)
     XBMCインストール済み (でも関係ないと思う)

ちなみに、深い理解はしていないので基本的に手順だけです。

左上の『アプリケーション』から『アクセサリ』>『端末』 を起動します。
$マークがでてくるので そこに続いて、

sudo apt-get install cvs  と入力し『Enter』
(以下 の一行は 端末上で 入力後 Enter です。)

[sudo] password for stray_nora:  とパスワードを聞いてきますのでパスワードを入れて『Enter』(パスワード入力中は******等表示されません)
パスワードが通ると、どやどやどやっと何か表示されてインストールが行われるので次の『$』が出るまで待ちます。

sudo mkdir /var/cvs  (ディレクトリを作る見たいっす)

cd /var/cvs     (ディレクトリに移動する見たいっす この辺はwinもおなじですね)

sudo cvs -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/minidlna login
                      (先人のHPは/cvsrooot/minidlna とありますけど誤植みたいです)

CVS password: といわれるのでそのまま『Enter』

sudo cvs -z3 -d:pserver:anonymous@minidlna.cvs.sourceforge.net:/cvsroot/minidlna co -P minidlna
(↑折り返してるかもしれないですが一行です)
するとまたまた、どやどやどやーっと100行くらいなんか出ます。


で、次にコンパイルするらしいです。

cd /var/cvs/minidlna

sudo make
でコンパイルを実行するらしいのですが、エラーが出ます。が、sudo makeはやります
と、

ERROR! Cannot continue.
-e The following required libraries are either missing, or are missing development headers:
-e libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3
make: *** [config.h] エラー 1

こんなん出ます。

この中の
libavcodec libavformat libavutil libflac libvorbis libogg libid3tag libexif libjpeg libsqlite3
が必要なライブラリらしいです。で、これをインストールする必要があるらしいです。

で、一番大事らしいんで先にmakeとgccをインストールするらしいです。

sudo apt-get install make gcc

で、ライブラリをインストールする訳なのですが、すでにお察しの通り、インストールするコマンドは sudo apt-get install でいいのですが、先ほどのライブラリ名をダイレクトに入れてもだめのようで、

sudo apt-cache search [ライブラリ名]

で、出てくる名前を sudo apt-get install [xxxxxxxxxx] とするようです。

  たとえば、
    sudo apt-cache search libavcodec とすると
    libavcodec-dev - Development files for libavcodec
    libavcodec52 - Libav codec library
    libdlna-dev - development files for libdlna
    libdlna0 - DLNA codec library
    winff - graphical video and audio batch converter using ffmpeg
    libavcodec-extra-52 - Libav codec library
    mencoder - MPlayer's Movie Encoder

    と出てくるので、

    基本的には、これを全部
    sudo apt-get install libavcodec-dev
    sudo apt-get install libavcodec52
    sudo apt-get install libdlna-dev
    sudo apt-get install libdlna0
    sudo apt-get install winff

          :
    とするようですが、中には、1つ入れると関連したのを連動して入れてくれるみたいで、そのときは
    [Y/n]? と聞かれるので
    まーテキトーに何も考えず
    Y
    としておけば、少し手間が省けそうです。(たぶん)

なので、何度も
  sudo make と
  sudo apt-cache search [ライブラリ名] と 
  sudo apt-get install [xxxxxxxxxx]
  を繰り返して、ライブラリたんねーぞ のエラーが出なくなるまでやります。

で、ライブラリがそろって コンパイルが通ると

/var/cvs/minidlna 内に「minidlna」「testupnpdescgen」というファイルが出来上がるらしいので確認するらしいです。
(出来てなかったら?そんなことしらんす;;出来てたし;;)

確認をしたら、再び 端末に戻り
sudo make install   (コンパイルした minidlna をインストールみたいです)

すると、「minidlna が /usr/sbin に」「minidlna.conf が /etc に」それぞれ格納されるらしいです。

次に、先人曰く
起動用のスクリプト「/var/cvs/minidlna/linux/minidlna.init.d.scriptを/etc/init.d下にminidlnaにリネームでコピー」(sudoで)』なのですが、以下のようにしました。

『端末』に
sudo nautilus
とすると、ウィンドウが開くので、そこから左側の『ファイルシステム』を選び『etc』>『init.d』を開きます。
(sudo nautilus をすることで、そこから開いたディレクトリに対して書き込み権限が得られます。『場所』から開いただけではホームディレクトリ以外は編集権限が無いそうです。)

また、左上の『場所』から『ホーム・フォルダ』(でもなんでもテキトーに)開き、先ほどと同様に『ファイルシステム』>『var』>『cvs』>『minidlna』>『linux』と開きます。
そして、そのなかの minidlna.init.d.script を 先ほどの init.d の中にドラッグドロップします。(コピーされます。)

で、コピーされたらそのファイルを右クリックで『名前の変更』で『minidlna』(拡張子なし)に変更します。

(まぁ、普通はCUI上でcpコマンドとか使ってやるんでしょうけど、なんせよくわかってないんで・・)

で、『端末』に戻って~~なのですが、なんかよーわからんエラーが表示されてたので、一度閉じて開きなおしてます。

で、
sudo chmod 755 /etc/init.d/minidlna  (起動用スクリプトに実行権限を与えるらしいです)


最後に設定ファイル(/etc/minidlna.conf)を適宜書き換えます
media_dir=/opt
となっているところを
media_dir=A,/home/dlna/Music
media_dir=V,/home/dlna/Videos
media_dir=P,/home/dlna/Pictures

として、『home』の中に『dlna』フォルダをつくり、その中に『Music』、『Videos』、『Pictures』を作りました。
まぁ、デフォルトのままでもいいんでしょうけどなんとなく先人に習っときました。


で、minidlnaを起動します
sudo /etc/init.d/minidlna start

Starting minidlna minidlna [OK] と出ればひとまず完成です。

これで、WoooからWoooリンクを試すとあっさりとペンギンのマークが出てきました。




また、このままだと次起動したときにminidlnaは自動的に起動しないので、

sudo update-rc.d minidlna defaults
としました。よくわかってませんけど・・・・ まぁ、デーモンらしいっす。小暮じゃないですょ。Windowsにもありますね。デーモンツール。CDの亡霊作るのに使ってます。まぁ、なんかそんな感じらしいです。(どんな感じ?)


ちなみに、XP05からだと、minidlnaサーバーを一度認識した後は、サーバーに電源が入っていないとWoooリンクでサーバーのアイコンをたたくとマジックパケットを送ってくれます。
で、WOLでサーバーが起動できるのです!すばらしい。
しかも、これだけおんぼろなPCでも起動から30秒ほどでminidlnaが有効になり動画が再生できます。
構成がスッピンとはいえ意外とイケテルのではないでしょうか。


他にも参考にしたHP
『Hiroaki’s blog』さんの『WoooでDLNA再生する
『kn_ishi』さんの『CentOS5.5+PT2にminiDLNAを入れて、.TSファイルをBRAVIAで見られる様にする。

PageTop
実は何度かトライしては玉砕していたUbuntuのインストール。
C#で作ったプログラムが処理落ちするのでぶちぎれて数年前にCore2Duoマシンを新調して以来、半分放置状態の北森セレロン2.8G機でどの程度Ubuntuが動くのか試したくて数年前からトライするもことごとく失敗。
よくわからないエラーでつまづいては、諦めていたけど、ようやくうまくいきました。
散々試行錯誤した挙句、原因はCD-RWメディアにあった様子。orz
メインマシンでは同じメディアでCD起動していたのと、同じCD-RWに焼いたPuppyLinuxはインストールできたりしていたので今回DVDドライブをとっかえひっかえ試すまでは気が付かなかった。
というか一度は疑って新品のCD-RWを買ってきて試していたので、こんなことだとはおもわなんだ。
今まで、CDもDVDも遠い昔には焼きミスはよくあったけど、最近はベリファイもせずに焼ければまず問題が無かったし、ほぼ常に国内産誘電ディスクばかりを使っていたので、ディスクの品質チェックなどはしたことが無かったけど、たまたま今回使ったマクセルのCD-RWをチェックしてみたらエラーでまくりでびびった。
どうせインストールしてもバージョンがあがるからと、CD-RWにしたのがよくなかった;;今度からはCDに焼こう・・・
ちなみに、M/BはAsrockのP4i65Gなのだけど、USBメモリからの起動もできませんでした。






まぁ、ここまではどうでもいいことで、こんなトラブルさえなければUbuntuもPuppyLinuxもインストール自体は簡単です。
が、続くときは続くモンでインストールがうまくいってもその後もうまくいくとは限りません。

HDDから起動してみると画面がおかしい。DSCF1546.png
なんだこれは?
クリックしていくたびに黒い矩形が広がるんだが・・・







仕方なく、グーグル先生に『Ubuntu インストール』?と訊ねてみると、

某USAの某三大ネットワークの1つCBSの配下でIT系メディアの なんとかZDnetの記事が出てきたので斜め読みすると、グラフィックチップの検出がうんたらで、3Dアクセラレーションがうんたらの、Unityがうんたらで、Ubuntu Classicが表示される と書いてある。(なんて書いてあんだ?)



察するに、このマシンではグラフィックが弱いからWindowsエアロのUbuntu版 みたいのは不可なので、Ubuntu Classicで表示されるはずだょ。ということが解った。(のか?)


で、こんな訳の解らない状態で、表示がまともに出来ないということは、恐らくUbuntu Classicで表示されるべきところをUnityとやらがEnableになってしまってるのだろう。と邪推。

DSCF1548.png
Ubuntu使ってる人が見たら解ると思うけど、何じゃこりゃってことになってます。


で、まともにウィンドウもボタンも操作できない中 ほぼ手探りで、グラフィックの設定を変えます。

で、実際の方法は 『秘密基地なブログ』さんの『UnityからUbuntu Classicに変更する方法 』を参考にさせていただきました。
(ブログってこういうときにトラックバックとか使うの?はっきり言って理解してないです。;;)



ウィンドウがまともに表示されない中手探りでやるのは大変だったです;;;;





とまぁ、ここまでのことは(デジャブ?)とらぶって大変だったってだけのことで、何てこと無いのですが・・・



以下、「リポリトジってなにそれうまいの?え?リポジトリ?」な、私が XBMCをインストールするのに、インストールの仕方をひとつのHPで見ただけではうまくいかなかったので、テキトー(ほんとテキトーっす;;)に色々やったらできたょ。というのを自分の為の備忘録として書くのであります。


ちなみに、まぁ、自分のために書く文章だし、XBMCってなんだべ?という人が見るともあまり思わないけど、その辺のことを軽く書くと、
いわゆる10FeetUI(テンフィートユーアイ?であってる?)と呼ばれるもので、10フィート(約3m)の距離で使うUI(ユーザーインターフェース)で、ぶっちゃけ、テレビで使うためのパソコンのためのユーザーインターフェイス?みたいなもんで、パソコンをDVDレコーダーみたいに家電感覚に近い操作感でデジカメ写真を見たり、DVDみたり、音楽聴いたりいろんなことが出来ちゃいますょ。という代物。
単にパソコンをテレビ画面で写すのと違うのは、『家電感覚』というところで、大概がキーボードやマウスではなくテレビのリモコンのようなもので操作したりします。(というか、そうしようとみんなしてる。と思う。)
まぁ、Windowsにもメディアセンターというのがありますが、それの無料版というか、オープンソースなのでWindowsもMacもLinuxもありますょと。ちなみに本来はXBOXのためのものだとか。

で、実はこれのハシリというか、似たコンセプトのスタンドアロンな製品がありまして、バッファローのリンクシアター というのがありました。(今もありますが;;)
それの1号機(だったと思う)とNAS(LanでつながるHDD)のセットを7年くらい前に買ったのですが、おそらく業界でもDLNAの策定が終わったころ?かな?とかで、私も何百枚もあるCDなんかもHDDに取り込み始めていた頃だったりして、これを待っていた!!と、大喜びで買ったのですが、まぁ、出来の悪いこと悪いこと;;あっという間に使われない子になってしまいました;;;

まぁ、そんなこんなで(どんな?)LinuxでNASサーバーを建てて、TVにはLinux+XBMCをいれたメディアプレーヤーをいつかは作ろうと、そして、手持ちのすべてのCD、DVD、デジカメ画像etcをサーバーに保管して、好きなパソコンとTVから見れるようにしようと、いうのが長年の夢(たいそうな;;)な訳ですが、それが、HDDがテラを超えたり、ファンレス運用できるAtom+IONやFusionAPUが出てきて、現実味を帯びてきたので、とりあえずパソコン組む前に数世代前のPCで試してみようと、言うのが事の成り行きでした。



まぁ、戯言はどうでもよくて

Ubuntu に XBMC をインストール です。

右上のなんか電源マークのような湯気の少ない温泉マークのような所から、
システム設定』>『Synapticパッケージマネージャ』をクリック

Synapticパッケージマネージャ が開いたら
設定』>『リポジトリ』を選択

ソフトウェア・ソース というウィンドウが開いたら
他のソフトウェア』>左下の『追加』をクリック
deb http://ppa.launchpad.net/team-xbmc-hardy/ubuntu hardy main
と入力して『ソースを追加』をクリック
同様に
deb-src http://ppa.launchpad.net/team-xbmc-hardy/ubuntu hardy main
も入力して『ソースを追加』をクリック



左上の『アプリケーション』から『アクセサリ』>『端末』 をクリックで起動(windowsでいうところのコマンドプロンプトみたいなもんか?)
$マークがでてくるので そこに続いて、
sudo add-apt-repository ppa:team-xbmc/unstable   で 『Enter』を押下
sudo apt-get update   で 『Enter』を押下
sudo apt-get install xbmc   で 『Enter』を押下


えー。どこでだか忘れましたが、上記3つのコマンドのどれかの後に(updateの後だった気が;;)パスワードを入れろみたいに言われますので、パスワードを入れるのですが、なんとその時に*******とかが表示されません!
(おかげで何度も間違えちゃいました)でも入力は効いているのでパスワードを入力して『Enter』を押せばいいみたいです。


以上でインストールは終了ですが、ちなみに、
『penguin's HP』さんの『XBMCのインストールと日本語化 on Ubuntu8.04
『loggn.de』さんの『Ubuntu – XBMC 10.0 Dharma – mit und ohne PVR – Repository』ドイツ!
『Ubuntu Japanese Team』(公式)の『Ubuntu Tips/その他/コマンドを端末で実行するには
その他色々、を参考にしました。



そして、XBMCを実際に起動するには、左上の『アプリケーション』>『サウンドとビデオ』>『XBMC Media Center』です。

ちなみに、『penguin's HP』さんのページに日本語化の方法が書いてありますが、自分の入れた(入った?)バージョンではフォントを用意する必要は無く、XBMC上の設定だけで日本語化できるようです。


実際の方法は『XBMCを使ってみよう。』さんの『日本語化』で出来ました。



さて、、とりあえず今日はここまでですが、

北森セレロン2.8GでUbuntu11は めちゃくちゃ重たい んですけど;;

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。