事象の水平線

個人的ブックマーク代わりなメモ書きブログ。 地球は丸いよ。↓このへん。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop
VirtualBox上のCentOS6.4からUSB接続のHDDは見れるのかなーとやってみたメモ。

VirtualBoxのツールバーからそれらしきものにチェックを入れるだけ。
vb_centos_usbhdd.png
すると、しばらくしてホスト(Windows7)でなにやらドライバがPnPされて、勝手に使えるようになる。みたい。
(USBHDDの電源ランプが消えるが1~2分は待ってみたほうがいいみたい。ゲストのLinux側でマウントできるまで少しかかる。)

ただし、今回はゲスト(CentOS6.4)が標準でNTFSに対応していないのでマウントしようとすると、『そんなファイルシステム知らないです』といわれる。
vb_centos_mount_usb.png

ので、後は、CentOSでNTSFにアクセスできるようにするメモ。
CentOS/CentOSでntfsドライブをマウントする』の丸パクリ。

EPEL6を使うです。
毎回書いてある通りにやるだけで、理解してないです。
http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/repoview/epel-release.html

bash-4.1$ su
Password:
[root@localhost vb]# cd /_Share
[root@localhost _Share]# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm
warning: epel-release-6-8.noarch.rpm: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
Preparing... ########################################### [100%]
1:epel-release ########################################### [100%]
[root@localhost _Share]# ls -la /etc/yum.repos.d/epel.repo
-rw-r--r--. 1 root root 957 Nov 5 2012 /etc/yum.repos.d/epel.repo
[root@localhost _Share]# yum search ntfs
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
epel/metalink | 4.8 kB 00:00
* base: ftp.riken.jp
* epel: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ftp.riken.jp
base | 3.7 kB 00:00
epel | 4.2 kB 00:00
epel/primary_db | 5.3 MB 00:08
extras | 3.5 kB 00:00
home_sawaa | 1.3 kB 00:00
updates | 3.4 kB 00:00
updates/primary_db | 3.1 MB 00:05
epel/pkgtags | 303 kB 00:00
============================== N/S Matched: ntfs ===============================
ntfsprogs.i686 : NTFS filesystem libraries and utilities
ntfs-3g.i686 : Linux NTFS userspace driver
ntfs-3g.x86_64 : Linux NTFS userspace driver
ntfs-3g-devel.i686 : Development files and libraries for ntfs-3g
ntfs-3g-devel.x86_64 : Development files and libraries for ntfs-3g
ntfsprogs.x86_64 : NTFS filesystem libraries and utilities
ntfsprogs-devel.i686 : Headers and libraries for libntfs
ntfsprogs-devel.x86_64 : Headers and libraries for libntfs
ntfsprogs-gnomevfs.x86_64 : NTFS GNOME virtual filesystem module

Name and summary matches only, use "search all" for everything.
[root@localhost _Share]# yum install ntfs-3g
Loaded plugins: fastestmirror, refresh-packagekit, security
Loading mirror speeds from cached hostfile
* base: ftp.riken.jp
* epel: ftp.riken.jp
* extras: ftp.riken.jp
* updates: ftp.riken.jp
Setting up Install Process
Resolving Dependencies
--> Running transaction check
---> Package ntfs-3g.x86_64 2:2011.4.12-5.el6 will be installed
--> Finished Dependency Resolution

Dependencies Resolved

================================================================================
Package Arch Version Repository Size
================================================================================
Installing:
ntfs-3g x86_64 2:2011.4.12-5.el6 epel 247 k

Transaction Summary
================================================================================
Install 1 Package(s)

Total download size: 247 k
Installed size: 624 k
Is this ok [y/N]: y
Downloading Packages:
ntfs-3g-2011.4.12-5.el6.x86_64.rpm | 247 kB 00:00
warning: rpmts_HdrFromFdno: Header V3 RSA/SHA256 Signature, key ID 0608b895: NOKEY
Retrieving key from file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
Importing GPG key 0x0608B895:
Userid : EPEL (6)
Package: epel-release-6-8.noarch (installed)
From : /etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
Is this ok [y/N]: y
Running rpm_check_debug
Running Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Warning: RPMDB altered outside of yum.
Installing : 2:ntfs-3g-2011.4.12-5.el6.x86_64 1/1
Verifying : 2:ntfs-3g-2011.4.12-5.el6.x86_64 1/1

Installed:
ntfs-3g.x86_64 2:2011.4.12-5.el6

Complete!
[root@localhost _Share]# df
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda1 8255928 2854748 5317332 35% /
tmpfs 510128 232 509896 1% /dev/shm
/_Share 3142652 489960 2652692 16% /_Share
/dev/sdb2 142954492 57138008 85816484 40% /media/ボリューム
[root@localhost _Share]#

スポンサーサイト

PageTop
ThinkPadEdge E525(ノート)のWindows7上にVirtualBoxを入れたら、なぜか無線Lan使用時にMagicPacketが送れなくなった。

有線Lanをつなぐと問題ない。

で、
ネットワークと共有センター で VirtualBox Host-Only Network を無効にしたら、無線側からも送れるようになった。

VirtualBox Host-Only Network を無効にしても、ゲストOSはVirtualBoxのNATでつながってるので、インターネットにはつながる。

VirtualBox Host-Only Network は ホストOSからゲストOSへつなぐときに必要らしい。
参考:
VirtualBox環境構築:CentOS - ネットワーク設定
VirtualBox を利用する際のネットワーク設定の話
ネットワーク設定 | VirtualBox Mania
今のところ不要なので無効で対処。
しかしなんでかなぁ?


パケットを見るのに使ったのは
Microsoft network monitor 3.4
MSがこんなソフト公開してるとは知らなかった。
WireShark(Ethereal)と大して変わらんけど・・・・

PageTop
VirtualBoxのゲストにCentOS6.4をいれて、xmodmapを実行したけど、なぜかその設定が再起動のたびに失われてる。
どうも、起動のたびに実行しないといけないの?

ということで、rc.localに入れたけどうまくいかないので、

GUI上の
システム > 設定 > 自動起動するアプリ
xmodmap.png

のほうでやったらうまくいった。
※書式が間違っていると文句も言わずにただ読み込まれないだけなので注意
コマンドラインで実行してみるとエラーがあればどの行か教えてくれる。




おわり。

xmodmapめも

#vi /home/name/.Xmodmap

!!! !マークはコメントになります!!!

! Alt と Control 入れ替え
remove mod1 = Alt_L
remove mod1 = Alt_R
remove Control = Control_L
remove Control = Control_R
keysym Control_L = Alt_L
keysym Alt_L = Control_L
keysym Control_R = Alt_R
keysym Alt_R = Control_R
add Control = Control_L
add Control = Control_R
add mod1 = Alt_L
add mod1 = Alt_R

! 無変換 に Ctrl
add Control = Muhenkan

PageTop
THinkPadにLinuxMintをデュアルブートで入れたけど、ドライバのせいかBIOSのせいかやる気のせい(え?)か知らないけれど、Linuxでは常にバッテリーがフル充電されるという面倒くさい状態なので、デュアルブートをやめて、win7上で仮想化することにしてみた。
で、流行り(?)のVMwareを入れようとしたが、マイクロソフトのインストーラーがなんちゃらのエラーでインストールがうまくいかないので、VirtualBoxにした。
ちなみに、ゲストはCentOS6.4
LiveCDのisoを落としてきてVirtualBoxの仮想ディスクに割り当てる。

まぁ、VirtualBoxのインストールとゲストOSのisoを落としてきて、マウントし、インストールするまでは、大した事ないというか、いじってればすぐわかるのでいいとして(ぉぃ)、それ以降のVirtualBox特有のところをメモ

まず、GuestAdditionsというのを入れるとよい
入れないと、マウスをいちいち切り替えないといけない、とかホストとゲストでこぴぺが出来ないとか色々・・・

で、ゲストにCentOS6.4を入れた今回の場合。

gcc、make、kernel-develが必要なので入れる。

# yum install gcc make kernel-devel

で、よく知らんけど、GUIのデスクトップ上にすでにVBOXADDITIONSなんたらっていうCDがマウントされてるので、その中からVBoxLinuxAdditons.runとか何とか(当然.exeじゃないやつ)、を適当に端末から実行すると、

# sh /media/VBOXADDITIONS_4.2.12_84980/VBoxLinuxAdditions.run

GuestAdditionsのインストールのところで失敗するので(失敗しなければ成功で終了)、なんか出てるメッセージを読んで(ぉぃ)なんかを入れて、またやったらうまくいく。(たぶんkernel-develのバージョンが違ったのでそっちを入れろとか何とか)


そして、シームレスモードが素敵なので、シームレスモードにするとよい。


次に、共有フォルダを作る
この辺も、適当にいじってればわかる(ぉぃ)けど、起動のたびに勝手にはマウントしてくれないようなので(オプションに自動マウントとかあるのに、なぜ?)、fstab

# vi /etc/fstab

[共有フォルダ名]	[共有フォルダのパス]	vboxsf	defaults 0 0


とすれば、起動の際にマウントされる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。